レース選びのコツ

まず最初に競馬新聞を見て、

 

 

新馬戦と障害レースは飛ばします。

 

 

 

赤ペンでやらないレースを×印を付けていくといいと思います。

 

 

 

実際私もそうしています。

 

 

 

だいたい私の予想するレース選びのコツとしては、

 

1. 距離短縮、距離延長
(前走不向きな距離を走らされ、今回得意の距離での出走)

 

2. 格上げ
(勢いがあり、そのまま勝つ事が多い)

 

3. 1番人気が飛びそうなレース
(実力よりも過剰人気、馬体重が減り続けている又はその逆)

 

4. 馬場状態
(内伸びが有利、外伸びが有利)

 

5. ダートから芝替わり、芝からダート替わり
(前回不得意なコースを走らせ、今回得意のコース)

 

 

私のおおまかなレース選びのコツとしては、

 

だいたいこんな感じでレースを選択しています。

 

 

 

主に距離短縮だったり、格上げ戦とかが多いですね。

 

 

 

距離短縮というのは

 

前々走1600m→前走2000m→今回1600mというローテーションの事です。

 

 

 

格上げ戦というのは、

 

例として500万で勝った馬が1000万に出走してくる事で、

 

前回よりも今回がレースの方が格式が上という事です。

 

 

 

1番人気が飛びそうなレースというのは、

 

実力よりも毎回過剰人気になっている場合、

 

今回こそはといって期待を裏切り続けている馬が出走しているレースや、

 

1,2番人気の馬の馬体重が減りつづけている、

 

又は増え続けている場合などは勝負しやすいレースです。

 

 

 

馬体重はその馬の調子を表しているバロメーターの1つであり、

 

 

自分の買う馬の馬体重ぐらいは3、4走ぐらいまで馬柱で確認し、

 

 

そこから、だいたい今、どのような調子なのかぐらいは見ておいた方がいいと思います。

 

 

 

馬場状態というのは、

 

ご存知の通り、芝、ダートの状態の事ですね。

 

しかしJRAが発表しているより、やけに時計がかかってるとか

 

逆に時計が発表より早いとか、よくあるので、そのまま鵜呑みにせず、

 

自分の目で確かめた方がいいと思います。

 

 

 

ダート→芝、芝→ダート変わりなど、よく見かける光景です。

 

前回不得意な事をさせて、今回得意なコースで激走!よくあるパターンですね。

 

このパターンは後半のレースよりも前半のレースの方が多いような感じがします。

 

だいたい基本はこれで後は少しずつ展開だったり、

 

馬場状態を予測しながら馬を絞っていく感じです。