低いオッズの単勝をハネ上げる方法


 

1番人気の9番インストレーションの単勝オッズは3.1倍です。

 

この3.1倍の単勝オッズをハネ上げる方法が、

 

馬単に変える方法です。

 

馬単とは1着を当てなければ的中になりません。

 

よって馬単とは単勝の補完馬券と言いますか、

 

単勝よりワンランク上の馬券と考えて下さい。

 

馬単でよくあるミスとは、

 

ヒモが抜けて不的中というパターンですね。

 

これはもの凄くもったいない買い方です。

 

馬単を買うなら、

 

必ず総流しが正しい買い方ですが・・・

 

9→13のオッズは、11.7倍です。

 

総流しで1点100円を賭けた場合は、

 

購入金額1400円に対して、

 

払い戻しが1170円。

 

いわゆるトリガミと言われるパターンですね。

 

これを防ぐ為に、

 

9番の単勝オッズは3.1倍

 

 

                単勝期待値(小数点四捨五入)
9→1   20.0倍     1.43
9→2   95.2倍     6.8
9→3   71.8倍     5.13
9→4   49.6倍     3.54
9→5   126.7倍    9.05
9→6   269.6倍    19.3
9→7   57.6倍     4.11
9→8   67.8倍     4.84

 

9→10  55.4倍     3.96
9→11  13.1倍     0.94
9→12  247.1倍    17.7
9→13  11.7倍     0.84
9→14  24.3倍     1.73
9→15  215.1倍    15.4

 

 

1点100円の総流しの場合は、1400円となるので、

 

それ以下の馬単オッズを切り捨てます。

 

9→11
9→13

 

次に単勝期待値ですが、

 

軸馬を除いた出走頭数で割ります。

 

 

馬単オッズ÷出走頭数=単勝期待値

 

 

9→1で例えるなら、

 

馬単オッズ(20.0倍)÷出走頭数(14頭)=1.43

 

9番の単勝の3.1倍より低いので、

 

この買い目も切り捨てます。

 

9→1 
9→14

 

さらにここで微妙なオッズを切り捨てます。

 

単勝期待値が、

 

9番の単勝3.1倍台と被っているので、

 

妙味は無く切り捨てます。

 

9→4 
9→10

 

場合によっては、それ近いオッズも切り捨てても構わないでしょう。

 

 

切り捨てた買い目

 

9→11
9→13

 

9→1 
9→14

 

9→4 
9→10

 

 

残った買い目

 

9→2   95.2倍     6.8
9→3   71.8倍     5.13
9→5   126.7倍    9.05
9→6   269.6倍    19.3
9→7   57.6倍     4.11
9→8   67.8倍     4.84
9→12  247.1倍    17.7
9→15  215.1倍    15.4

 

残った買い目は14点ー6点=8点となりました。

 

 

結果、

 

買い方は、

 

9番の単勝600円(切り捨てた買い目の数。上記の場合は6点)。

 

残りの馬単8点。

 

合計1400円。

 

ここで例え切り捨てた買い目が来たとしても、

 

単勝600円を購入していますので、

 

600円×3.1倍=1860円なりトリガミでは無くなるのです。

 

いかがでしょうか?

 

単勝だけでも十分儲かるのがお分かり頂けたと思います。