手前を変えるとは?

馬にも利き脚があって歩いたり走ったりする時に、

 

右脚から前に出す馬、左脚から前出す馬がいます。

 

人間で言えば右足から前に出して歩く人、

 

左足から前に出して歩く人と同じです。

 

例えば競馬で馬が右脚から出して走っていると、

 

疲れてしまうので途中で手前を変えたりする訳です。

 

直線ならまだしも、やっかいなのはコーナー途中で手前を変える時です。

 

直線では馬の利き脚を軸にして走りますが、

 

カーブでは利き脚に関係なく内側を軸にした方がスムーズに回れますので、

 

最終コーナーを回る時に、手前を上手く変えれる馬は内を上手く回れ、

 

苦手な馬は大きく外側に膨れます。

 

仕掛け所の3コーナーや一気に差す4コーナーで、

 

故障が多く見られるのはこのためだと思われます。

 

ただでさえ500キロ前後ある馬を支えているのは、細い脚なので、

 

そこにバランスよく負荷をかけてあげないと故障するわけです。

 

 

脚のいずれかに慢性の故障のある馬は、

 

右、左のどちらかの手前を苦にするようなので、

 

競馬場によって得意、不得意があるのもその為だと思われます。