オーバーシードとは?

競馬場の芝コースは野芝が張られていますが、

 

秋以降になると枯れ道悪での競馬があると傷みも激しくなるため、

 

この野芝の上に冬場に強い洋芝の種をまき、

 

冬期でも緑の芝生で競馬が出来るようにしています。

 

暮れの有馬記念などの映像では、

 

芝が茶色になっているのを見た事がありますが、

 

あれは野芝は冬に弱い為枯れて茶色に見える為です。

 

その為冬に強い洋芝が必要なわけです。

 

このことをオーバーシードと呼んでいます。

 

1991年の阪神競馬場から始まり、

 

現在冬期に競馬の行われる競馬場で実施されています。。