ハンデ戦は何故存在するのか?

JRAもバカではない。

 

答えはカンタン。

 

荒れるレースを増やし、高配当の演出を作る為であると考えられる。

 

荒れないレースばかりを並べても、

 

馬券は売れない。

 

低配当のレースよりも、高配当のレースの方がよく馬券が売れるので、

 

購買意欲をそそるレースを意図的に作っているのである。

 

 

ハンデ戦は、各競馬場で毎週必ず1レースは組まれていて、

 

新馬戦や未勝利戦ではなく、1000万以上のクラス。

 

それは何故か?

 

ハンデキャッパーが新馬や未勝利馬の実力を把握出来ないと推測出来る。

 

俗に1キロ1馬身と言われている中で、

 

全馬が横一線でゴール出来るように想定して0.5キロ刻みでハンデを付けている。

 

よってレースが荒れるのは必然と言えるでしょう。

 

ハンデ戦では厩舎コメントにも注目してほしい。

 

「ハンデが思ったより重い」「ハンデが見込まれた」「思ったより軽い」等、

 

コメントにも注目し、馬券的中へ繋げたい。