洋芝とは?

洋芝は函館と札幌で使われています。

 

横に根を張る野芝に対して、

 

洋芝は縦に伸びるという特徴があり、

 

洋芝は野芝に比べて葉の密度が濃いこともあって、衝撃を吸収する馬場になります。

 

野芝と比べて、地面からの反発力を生かすことができず、

 

馬の脚がグッと沈み込むような状態になります。

 

そのため、馬にとっては地面をしっかり捉えるためのパワーが要求され、勝ちタイムは遅くなります。

 

また、洋芝はダメージに弱いため、開催期間が長くなると、徐々に芝がはげていきます。