調教に良いのが走るとは限らない

調教タイムで好時計を出して、

 

調子が良いと判断するのは間違いではありませんが、

 

鵜呑みしてはいけません。

 

そのような馬が当日レースで馬群で沈んでいく光景を見た事がありませんか?

 

 

あくまで数字での目安で、

 

当日のパドックを見た方がより馬券的中への精度が高まると思います。

 

調教では調子が良かったのに、

 

パドックでは何故か元気が無いように見える。歩様が固く見えるなど、

 

このように感じた時は買うべきではありません。

 

 

馬の調子は分タイムで変わると言われるほどデリケートです。

 

この場合は、

 

調教時がその馬のピークで当日調教を強くしすぎた為、

 

疲労が残ったまんま出走したと思われます。

 

そのような場合は、

 

レース後の調教師のコメントで前回調教をやりすぎた等のコメントが載る事もしばしば。

 

 

人間も同じで強い筋トレなどをした翌日筋肉痛になりますよね?

 

それと同じ事が馬にも起こっているわけです。

 

大半の馬がそんな状況で出てきているわけですから、

 

パドックを見るというのはとても重要な事だと思って下さい。

 

 

歩様が固い・・馬にしてみれば筋肉疲労をおこしている可能性。

 

落着きが無い・・テンションが上がりすぎてレース前にムダなエネルギーを使ってしまっている。

 

一概には言えませんが、この2点を意識して見るだけでも分かってくると思います。